シュウメイギク

シュウメイギクのご紹介!

 

【シュウメイギク】

シュウメイギクはキクと名前がつきますが、キンポウゲ科アネモネ属の多年草です。日本の山野にも自生していますが、古く中国から渡来して野生化したものという説があります。
株全体に白い伏毛があります。花色はピンク、白、紫などが主で、花びらに見える部分は萼が変化したもの。そして八重咲きは、萼と雄しべが花びらのように変化したものです。
花色や大きさなどに変異が多く、野生種、園芸種ともに不明な点が多い花です。
花が枯れたら茎を切り戻しましょう。来年も花を楽しむために、これは必要な作業です。
シュウメイギクは半日陰を好み、日当たりのよい場所では葉がかさついた感じになり、草丈が充分伸びない上に生育も悪くなります。
理想は庭木の下や家の北側の場所、生け垣の庭木の間などです。
冬は地上部分が枯れ、地下茎の状態で越します。寒さには強く、防寒する必要はありません。
やや湿り気のある土壌を好むので、土の表面が乾いたら水をたっぷりとあげましょう。
庭植えは半日陰の湿り気のある土壌なら、特に水をあげる必要はないですが、植えてから根付くまでは水をあげた方がいいです。一度根付くと乾燥にもよく耐えます。
花が終わったら、化成肥料や固形の油かすを、株元から少しはなした場所に置きましょう。
シュウメイギクは別名、「ジャパニーズアネモネ」、「キブネギク」とも呼ばれます。

 

 花言葉=耐え忍ぶ恋

 

 

 

▼秋の花・関連エントリー

秋の花

秋〜春まで咲く花

春〜秋まで咲く花

周年花が見れる花